13ゴースト

Thir13en Ghosts

Steve Beck / Tony Shalhoub,Shannon Elizabeth,Embeth Davidtz / 2001

★★

最初のうちはいいのだが

 監督のスティーヴ・ベックは、これが初めての監督作品。『TATARI タタリ』のDark Castleの作品で、1960年の作品のリメイクである。この邦題は「じゅうさんごーすと」と読むのだろうか。

 トニー・シャローブの一家が屋敷を遺産相続するが、それはゴーストを集めて地獄への門を開く装置であったというオカルト/ホラーもの。娘の役にシャノン・エリザベス。エンベス・デイヴィッツが、正体不明のゴースト・ハンターの役で出ている。

 これ、前半はけっこう快調で、謎の導入、ゴーストの特殊効果、トニー・シャローブの熱演などがうまく行っている。ところが話が展開するにつれて、いろいろとちぐはぐな面が出てきて、最後の方は完全に破綻した。このDark Castleの趣旨は、意図的にチープな映画を作ることなんだろうか? そうだったら仕方がないんだけど、どうせリメイクするんだったら、もうちょっと丁寧に作ってもいいんではないかと思った。エンベス・デイヴィッツが珍しく活発な役で良いのだけれども、見せ場がほとんどないのが残念。

2003/5/28

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ