パニック/脳壊

Panic

Henry Bromell / William H. Macy,Donald Sutherland,Neve Campbell,Tracy Ullman / 2000

★★★

中途半端

 監督・脚本のヘンリー・ブロメルはTVの制作畑出身のようで、本作が監督第一作。

 父親のドナルド・サザーランドが始めた家業としての「殺し屋」を継いだウィリアム・H・メイシーが、中年の危機を迎えて悩む。「コーエン兄弟風の、オフビートなコメディの入ったハードボイルド」と紹介すればすべて伝わってしまう、そういう作品。瑞々しい分、コーエン兄弟の近作、たとえば『バーバー』などと比べるとずっと安心して見られる。

 残念ながら、映画全体の時間配分が良くないのか何なのかよくわからないんだが、「これから話が二転三転していく」と思った瞬間に、一転もせずに映画が終わってしまった。好意的に見れば、ひねりのない直球勝負であると言えなくもないんだが、ちょっと純朴すぎる。

 ウィリアム・H・メイシーとドナルド・サザーランドは超安定で、この映画の登場人物像に真実みを与えている。ロマンスの相手として登場するネイヴ・キャンベルは悪くない。

2003/5/28

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ