ノボケイン 局部麻酔の罠

Novocaine

David Atkins / Steve Martin,Helena Bonham Carter,Laura Dern / 2001

★★

人選に失敗したのかどうなのか

 監督・脚本のデヴィッド・アトキンスは『アリゾナ・ドリーム』(1993)の脚本を書いた人。これが初監督作品である。

 スティーヴ・マーティン演じる歯医者がトラブルに巻き込まれる、ダークなユーモアの入った犯罪サスペンス。扱っている話題は現代的であるものの、全体的なトーンは1950年代のハリウッド映画を思わせる、懐かしい感じの作品だった。そのような雰囲気のなかで、スティーヴ・マーティンは安定している。

 本作の問題は、それ以外のキャスト、特にヘレナ・ボナム=カーターとローラ・ダーンに驚くほど魅力がないことである。ローラ・ダーンはスティーヴ・マーティンの婚約者で、生真面目だが面白みのない女。一方、ヘレナ・ボナム=カーターは彼を誘惑する魔性の女なんだけれども、両方とも面白みがなく、平板。そのためストーリーのひねりがうまく効いていない。これは致命的だった。

 クレジットはされていないが、ケヴィン・ベーコンが警官役の修行をしている人気俳優の役で出演している。

2003/5/28

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ