ゆかいな天使(ペット)/トラブるモンキー

Monkey Trouble

Franco Amurri / Thora Birch,Harvey Keitel,Mimi Rogers,Christopher McDonald / 1994

★★★

安定はしているが

 監督のフランコ・アムーリは、この後、低迷しているようだ。1993年の作品。今回が初見。原題の"Monkey Trouble"が『トラブるモンキー』になるという離れ業。

 『穴』を見て、ソーラ・バーチという女優のどうしようもない中途半端さに関心を抱いたので、子役の頃の作品を見てみることにした。1982年生まれだから、11歳ということになる。この人は『パトリオット・ゲーム』(1992)などのジャック・ライアンもので娘の役を演じているが、本作では1番目にクレジットされている紛れもない主役である。

 で、たしかに非常に安定した子役だった。子役演技が少々鼻につくものの、悪役のハーヴェイ・カイテルがかなりのオーバーアクティングなので、それほど目立たない。感情の上のトラブルを抱えているローティーンの女の子を演じて完璧に近い。ローティーンのときは「愛嬌のある顔立ち」であったものが、ハイティーンになるとああなってしまうというのは残酷ではあるが、自然の摂理でもある。

2003/6/6

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ